スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

チョコ。

本日、7月26日で、愛犬チョコが天国に旅立っていった日からちょうど1年になりました。

でも、チョコは、今でも僕の中で、世界で最高のペットです。

チョコ、本当に本当にありがとうね。
スポンサーサイト
2014-07-26 : チョコ。 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

チョコ、ありがとう。H26.3

20091204215118145_convert_20100516082708[1]
今日は、昨年亡くなった、うちの世界一のかわいいペット、チョコのことで少しお話をさせていただきたいと思います。

先日(今年3月22日)、愛知県日進市にある宝泉寺というお寺で、チョコのためにお彼岸供養を行っていただきました。
ウチのチョコが昨年7月26日に亡くなったときは、ここで「チョコのためだけに」丁寧なお葬式をしていただきました。あのときは、おかげさまで本当に少し心が軽くなり、ありがたい気持ちでいっぱいでした。
P1100473_convert_20140330153508.jpg
(↑上の写真は、先日の供養の時の様子です。お寺様に許可をいただいて撮影しました。)

P1100472_convert_20140330154321.jpg
このお寺のご住職様曰く「この日進市のあたりでも540年の歴史を持つ、由緒あるお寺」ということで、年2回お彼岸に、かわいいペットのためにお経をあげていただく機会にお声掛けをいただいています。
今でもチョコのことはまだ忘れられずにいますが、特にこの日はチョコのことを思い出すのにとてもいい機会でした。

IMG_0134_convert_20120303165603.jpg

[広告] VPS


チョコは、2005(平成17)年3月28日生まれ。

そこで、僕の中で今後、誕生日の「3月28日」と命日の「7月26日」を「チョコの日」と定め、このブログで毎年毎年振り返っていくことに決めました。
今でも、ウチのチョコが世界で最高にかわいいペットだったという思いに変わりはありません。そして、そのことをこのチョコの日で思い出すきっかけにしていきたいと思います。。。!


ここまで読んでくたさった皆様、本当にありがとうございます。
「動物はわれわれ人の心を癒してくれる、すばらしい存在である」との思いをさらに固め、今後も、動物写真撮影と、このブログづくりに、精進してまいりたいと思います!
2014-03-28 : チョコ。 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ありがとう、チョコ。

20091204215118145_convert_20100516082708[1]
みなさまに温かい励ましのお言葉をいただいていた、ウチのペット、チョコは、平成25(2013)年7月26日(金)、容体が急変し、残念ながら天国へと旅立ちました。誠に、痛感の極みであります。

ただ、お医者様によると、本人はボーっとしていたもののあまり大きな痛みを感じていなかったのではないかとのお話で、それが幸いであります。

また、7月27日(土)はご立派なお寺で、チョコだけのために素晴らしい丁寧な葬儀の式をしていただき、本当にうれしい日でもありました。
存分に泣いた今、少し気分が落ち着いてまいりました。

みなさまに厚くお礼の言葉を述べさせていただきます。
誠に、ありがとうございました。

ps.このブログは、まだまだ続けていきますヨっ。
2013-07-28 : チョコ。 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

チョコ。

IMG_0134_convert_20120303165603.jpg
ペットのチョコが、重篤な病気の可能性がある、と病院で言われました。

免疫介在性溶血性貧血、の可能性があります。
もしそうだとすると効果的な療法はない、とのことです。

ひどい貧血の症状で、薬が間に合わなければ、最悪2、3日、長くても2ヶ月の寿命と言われました。

ここ数日吐き気がひどく、病院に連れて行ったところ、赤血球の値が低く、極めて危険な状態だと言われました。

このような話でも、皆さんに聞いていただきたく、また書くことで少しでも自分の気持ちを落ちつけようとして、書いています。
目を通していただいて、ありがとうございます。

【追記】
7月18日(木)現在。

今日は、血液中の赤血球の値が依然極めて厳しい状況にあるものの、病院で毎日売ってもらってるステロイドや吐き気止めの注射のおかげもあり、また、エサも出せば自分の口でほしがる等、本人の生命力が奇跡的に強く、なんとか持ちこたえてくれています。

僕も繰り返し「大丈夫だよ。」と、本人に言い聞かせています。

本当に、みなさん、温かい励ましのお言葉をありがとうございます。
2013-07-17 : チョコ。 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ジッと待つ、チョコ。

始めて、ウチの愛犬・チョコの動画を撮ってみました。

動画が撮れたのがうれしかったので、載せます(爆)。

[広告] VPS

チョコが、食事中の奥さんからご飯がもらえるかもしれないと、足元でひたすらおこぼれを待ってます(笑)。



チョコの横顔が1分、写っているだけです。

特にオチは、ありません(笑)。。。
2013-06-09 : チョコ。 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

チョコの晴れ着姿。

P1000726_convert_201211040951501.jpg
すっかり、とーってもまったりペースの更新になってしまいました(照笑)。

今日は、年賀状用の写真を撮りたくて、チョコに晴れ着姿になってもらいました。
(このブログでは、すっかりご無沙汰になってしまいましたが、おかげさまで、相変わらずチョコは元気いっぱいです。)

この服は、ネット通販(ニッセンさん)で購入しました。
P1000734_convert_20121104095658.jpg
でも、ミニチュアダックス用のサイズがなかったんですよね。。
…ので、裾が長くて、前足が見えません(苦笑)。

おまけに、例によって、カメラで写真に撮られるのに飽きちゃって、だんだんつまらなさそうな顔になってきちゃいました(苦笑)。
P1000741_convert_20121104100115.jpg

…はたして、年賀状の写真は、とれるのか!?ちょっと心配です。。(ハハハ。。)
2012-12-06 : チョコ。 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

速報。なでしこジャパン!?

IMG_0162_convert_20120303164648.jpg
本日、なでしこジャパン(女子サッカー日本代表)の追加招集選手の発表をしたいと思います!?
IMG_0119_convert_20120303165306.jpg

IMG_0134_convert_20120303165603.jpg
名前
通称;チョコ Choco 2006.3.28生
本名;カヨ オブ シャインイング スマイル ジェイピー(血統書より(笑))

所属チーム;現在、フリー(笑)。

背番号;10

ポジション;澤選手のように、フォワード(攻撃)でも、ボランチ(守備)でも、こなせ
ると、思い…ます…。アレ!?


えー、失礼しましたー(笑)。

こういうワンちゃんの服って売っているんですネ…。感激しました。

ユニフォームを販売して見えるお店 IDogさん。
http://item.rakuten.co.jp/idog/rm-ca746-xxs/

(はなはだ勝手ながら、リンクを貼らせていただきました。問題があると思われる場合は、ご連絡ください。)
(ボールは、別のお店から買いました。)

現在、なでしこジャパンのみなさんは、ポルトガルの地にて、アルガルベカップという国際大会で必死に戦ってみえます。3月3日現在、ノルウェー、デンマークに連勝中。

僕も、チョコと一緒に、精いっぱい応援したいと思います。


IMG_0275_convert_20120303171731.jpg
チョコさん、なでしこのユニフォームにそでを通した感想は?

IMG_0262_convert_20120303172234.jpg
なかなか、いいよ(笑)。

IMG_0208_convert_20120303172745.jpg
休憩(笑)。

チョコ、なでしこジャパンのみなさんに、メッセージがあるんだよネ?
IMG_0216_convert_20120303173251.jpg

「がんばれ、ニッポン!!」
IMG_0003_convert_20120303173743.jpg

本当に、代表のみなさま、ご活躍お祈り申し上げます。
めざせ、アルガルベカップ制覇!


(ゴメンナサイ。次の記事で、東山動物園のペンギンを載せようと思います…(照笑)。)
2012-03-03 : チョコ。 : コメント : 4 : トラックバック : 2 :

チョコは、元気です。

みなさま、前回は、チョコのことで本当に長い、長い文に目を通してくださり、また暖かい励ましのお言葉をくださり、本当にありがとうございました。
本当に、もう、うれしくありがたい気持ちになりました。

おかげさまで、チョコは、元気です。
P1050418_convert_20110115080124.jpg
今月10日、ヘルニアから徐々に回復してきているチョコの写真です。相変わらず、あごの下を撫でられると、喜びます(笑)。

前回申しあげたとおり、チョコは正月早々、持病のヘルニアを悪化させてしまい一時動物病院に入院していましたが、現在は退院し、薬の服用で様子を見ているところです。

まだ全快とはいかず、いつもだったら走り回ったりソファやベッドの上にピョンっと飛び乗ったりしていますが、まだそういうことはできません。
P1050421_convert_20110115134609.jpg
でも、とりあえず何よりも、笑顔を見せて、ご飯を美味しそうに食べてくれているだけで、本当に何よりです。
先日たまたま読んだ本の中で「何も起きないこと、ふつーであることがいかに幸せであるかということに、われわれはなかなか気づかない」という一文があったと、前回申しあげました。これ、本当に忘れそうになるのですが(笑)、この気持ちを大切に、チョコの様子をじっと見守りたいと思います。。

えー、次回は、昨年年末に行ったアドベンチャーワールドのお話に戻りたいと思いますっ(笑)。ぜひ、またご覧くださいネ。
(チョコの一件があって、アドベンチャーワールドに行った時のことが、すごく昔のことのように思えます…(笑)。)

p.s.今まで書きそびれていたのですが、チョコのことはあまりこのブログに出てきませんでしたし、これからも、チョコのことは出てこないかもしれません。
よろしかったら、追記↓をご覧ください。。

続きを読む

2011-01-15 : チョコ。 : コメント : 14 : トラックバック : 0 :

チョコのヘルニアが、悪化してしまいました。

(今回は、すみませんが文章がかなり長いです。お時間のある時に、よかったら読んでください。)

えー、先週(平成23年1月3日(月)~1月7日(金))、ウチのペット、チョコが持病のヘルニアを悪化させていました。

チョコというのは、この子↓です。
aaa.jpg
そうです。いつも、このブログの横の枠にいる子です。

容体が急変したのは、1月3日(月)夜のことでした。
「さあ、正月休みも終わり。明日からの仕事に備えて、寝ようかな。。」と思っていた午後10時過ぎごろ、突然、「キャンっ」と大声で叫んだあと、いつものような元気な歩行がまったくできない状態になっていました。後ろの右足が全く動かず、後ろの左足の状態も芳しいものとは言えずに、その場にじっとうずくまるようにいたようです。

(このブログで初めてこの子の話を聞くなあ。という方もみえるかと思いますし、お。久しぶりにチョコの話が出てきたなあ。という方もみえるかと思います。
そう、この子がこのブログに最後に出たのは、去年(平成22年)10月23日の「チョコの注射。H22.10」以来です。

動物写真のブログだというのに、この子があまりこのブログに登場しない理由の一つは、以前も書いたことがあるのですが、この子、僕の家にはいないのですネ。
いろいろとありまして、この子は、我が家から歩いて数分のところにある、ウチの奥さんの実家に住んでいます。まあ、僕にとっては、ペット同然の存在です。)

…で、1月3日の話の続きですが、チョコのその異変ぶりを、僕と奥さんは、奥さんのお母さんから夜電話で知らされて初めて知ったわけです。(お義母さんが居間にいるときに、台所で急にチョコが「キャンっ」と大きな声で吠えた後うずくまったらしく、どうして症状が急に悪化したのか原因は今でもわかりません。)
頭がパニックになりそうなところをなんとか冷静に落ち着けて、まず手を付けたのが、いつものかかりつけの動物病院のホームページを確認すること。でも、あいにく正月でお休み。休みが明ける日ですが、その時の僕には「1月6日(木)に開院」とホームページから読めました。

「こりゃあ、いかん。6日まで3日もある。とても待てん。」と思い、次にYahoo!で「名古屋 犬 救急 病院」と検索。いちばん上にあった休日、夜間でも救急搬送できる病院のホームページを見て、そこに行くことに決断。その病院に電話して事情を説明し、そこに連れて行くことにしました。

さあ、それから肝心のチョコを迎えに、奥さんの実家に車で直行。僕の顔を見たとたんにうれしそうにシッポを振ってくれるのはいつもと変わりないのですが、お義母さんに抱かれていたチョコを抱きかかえたとたん、(どこか触った場所が悪かったのか、)「キャイーーン!」となんとも悲痛な、「痛い!」という言葉そのままにも聞こえるような叫び声をあげました。

………。
これは、ただごとではない、と思い、ホームページで見た地図を頼りに、その病院へ直行。車で20分くらいかけて、閑静な住宅街の中にある病院になんとかたどり着きました。

まずお医者さんはチョコを普通に地面におろして歩く様子を確認。昨日まで元気に走り回っていたのとはうって変わって、後ろ足を引きずるような、なんとも弱々しい歩き方です。

血液検査の結果、異状なし。なにか内臓の疾患によるものということではなさそうです。
ヘルニアを去年5月に患ったことがあることを先生に伝えて、レントゲンを撮った結果、やはりヘルニアが悪化したのではないか。後ろ左足もあまりよくないが、それ以上に後ろ右足の機能が低下している、とのこと。点滴を打ち、そのまま入院ということになりました。

こういうとき、お医者さんは、万一に備えて、こういう症状の場合に起こりうる最悪の事態について教えてくださいます。
「脊髄軟化症」。
後で、あるHPで調べたら、「ヘルニアを患っている部分、下半身から上半身にかけて麻痺を起こし、脊髄が徐々に壊死。1週間で延髄に達すると呼吸が止まり、亡くなってしまう。いったんその病気にかかると、手術も含めて、処置する方法はない。ヘルニアにかかっている子の6%で起こる。」

……。
もう、身の毛もよだつような思いでした。
その最悪の事態にだけはなりませんように…。まさに、祈る、思いでした。

翌日4日(火)。チョコをお見舞いに行くと、最初の先生は当直明けでお休み。別の先生が対応してくださいました。
「経過は、悪くはなく、少し回復しています。」というニュアンスのことを言ってくださいましたが、歩くときの弱々しさは、見た目にはあまり変わらなかったと思います。

そして、何よりも、われわれがお見舞いから帰ろうとするときの、チョコのさびしがり方が、もう尋常ではありませんでした。面会を終えて、再び入院用のケージに入れられてからほどなく、涙目になって、まさに狂ったかのように吠え始めたのです。チョコの大好きなササミジャーキーを目の前に差し出しても、そのジャーキーが目に見えているはずなのに全く食べようとせずに、ものすごい剣幕で吠え続けています。
この世で何よりも「食べる」ということが大好きな子が、目の前に好物があるのに、一切口にしようとしない。
こんなことは本当に初めてで、本当に、胸に深く突き刺さるものがありました。


チョコにしてみれば、「ただでさえ、とてもイタイ思いをしているのに、お父さんたちが私を暗い、セマいところへ閉じ込めてどこかへ行ってしまった。(長い時間が経って、)やっと、せっかく迎えに来てくれたと思ったら、連れて帰ってはくれずに、またセマいところに閉じ込められてしまった。」という思いなのでしょう。。
もちろん、われわれが「チョコのイタイイタイを治すためだからネ。さみしいと思うけど、ここでじっといい子でいるんだよ。」とどれだけ言ってみても、やはり相手はイヌ。言葉が通じるはずもありません。
このときのやりきれない気持ちは、今でも全く忘れることができません。

「脊髄軟化症」というリスクが頭にあって(このヘルニアとか脊髄軟化症とかの病気は、とても進行が速いらしく、油断がならないのです。)、できるだけ長く病院にチョコを入院させていたかったのですが、この時のチョコの様子がもうとても心配になり、5日(水)の夜、いったん救急で搬送した、その病院から退院させることを決断しました。
チョコの身体は以前と違いやせ細っていて、(病院の先生は「食事をとっていました」と言っていましたが、)おそらく僕の予想では、この病院ではほとんど食事を口にしていなかったと思います。

そして、6日(木)。いつものかかりつけの病院に行った僕(職場のご理解をいただいて、お休みをいただきました)とチョコを抱いたお義母さんが見たものは、、、
閉じられたシャッターと、「当院は1月6日(木)までお休みをいただいてたいます」の貼り紙。。
いちばん最初に行きつけの病院のホームページで見た「1月6日」というのは、「1月6日から営業開始」ではなくて、「1月6日までお休みします。」という文字だったのですネ(苦笑)。。最初にHPを読んだとき、よほど気が動転していて、読み間違えたみたいです(苦笑)。
一日たりとも治療をやめてはならないと思い、とっさに、それまで正月にお世話になっていた病院に連れて行き、事情を説明して昨日までと同じ注射と投薬をしていただきました。再度、入院する必要はないとのことです。ここで初めて、チョコの歩き方が、普段どおりに近い、歩き方に戻っていることに気づきました。まだ後ろ右足の地面へのつき方が弱々しく、後ろ右足をかばったような歩き方ではありますが。

そして、7日(金)。再度職場のご理解をいただいて休暇を取り、いつもの行きつけの病院に連れていった結果、「歩き方を見ている限り(ここまで歩き方が回復しているのだから)、脊髄軟化症の可能性は低いでしょう。入院しても、ストレスで変な体勢をとってもいけないし、自宅で痛み止めの薬とビタミン剤を服用させて様子を見ましょう。」という診断がおりました。
結構心配性な性格の僕は(笑)、ここで初めて、「ああ。最悪の事態は多分避けられたのだな。。」とホッとすることができました。と同時に、今週無意識のうちに貯まっていた精神的、肉体的な疲れがワーッと吹き出てきました。。
(ちなみに、今後、症状を悪化させないために予防的に手術をするということは、一般的にはしないとのことなのです。脊髄を直接触るので、手術がうまくいかなければ下半身不随ということになりかねないリスクもあるらしく、「これ以上は手術以外、対処する方法がない」という場合のみでしか、手術をすることはないのだそうです。)

7日のその日の夜、チョコの歩き方は、調子がいいときとまったく同じとまでは言えませんが、小走りに走り出したり、こたつの上にあるものを見ようとこたつの板に手をかけて2本足で立とうとしたりと、急速な回復を見せてきました。当初は、再び元気に歩けるようになるには、手術やリハビリが必要になるかもしれないと真剣に考えていたことを思うと、本当に奇跡だと思えてきます。
表情も、症状が悪化した当初の3日(月)、4日(火)と比べて、本当に和やかな、いつものような笑顔を見せてくれています。本当に、笑っているような、顔を見せてくれるのです。
IMG_0002_convert_20100327120346[1]

IMG_0004_convert_20100605220720[1]
↑こんな感じ(笑)。(以前の写真の使いまわしですけど(笑)。)3日(月)、4日(火)頃では、決して見せてくれなかった顔です。
あまりの元気、回復ぶりに、また元気に動きすぎて何かの拍子にヘルニアの病気をこじらせたりしないかと心配になるほどです。

今(平成23年1月9日(日)正午現在、)僕の家に遊びに連れてきているチョコは、こたつのすぐ横で何事もなかったかのように、ノンビリと横たわっています。いつもと変わらない風景ですが、チョコが元気でいてくれること、自分の足で歩いてくれていること、いつもと変わらずに僕の手をいとおしくなめてくれることに、最高の幸せを感じています。

くしくも、昨日たまたま読んだ本の中で、「何も起きないこと、ふつーであることがいかに幸せであるかということに、われわれはなかなか気づかない」という一文がありました。(ひすいこたろうさん著。「3秒でハッピーになる 名言セラピー」)今回ほど、この言葉に深く共鳴した日は今までなかったです。

ここまでの本当に長い文を読んでいただいて、本当にありがとうございます。
今週は、新年あけて早々というのに、激動の一週間となりました(笑)。(そのため今週は、気休めにと思って、皆さんのブログを少し拝見することはあっても、コメントを差し上げるような精神的な余裕はとてもありませんでした。。)でも、今週起こった出来事を、そして今現在、かみしめているこの幸せな気分を、忘れずにいたいと思い、今までこの文を書いてきました。

今回、急な申し出にもかかわらず、3日(月)の夜遅くから丁寧にチョコの診察、治療をしていただいた病院、名古屋市千種区の「こざわ犬猫病院」さんには、もう本当に心の底から感謝の念を持たずにはいられません。この病院さんは、僕たちがいきつけの病院にチョコを連れて行ったときに、少しでも診察がしやすいようにと、ご自分たちがチョコに施した診察や治療の経過書と、チョコのレントゲン写真をパソコンのデータにしてCDに焼いたものまで僕たちに持たせてくださいました。ご丁寧な対応、本当に感謝申し上げます。
(やはり、この病院は、そうした丁寧な対応で評判がいいのか、いつも待合室にお客さんがあふれかえっています。)

そしてまた、このブログに遊びに来ていただいている皆さんのブログを拝見していても、かわいいわが子が病院で診察を受けてお薬をもらったり療法食に切り替えなければならなくなったり、という記事を本当によくみかけるのですが、本当に、本当に、みなさんのかわいいお子さんたちの容体がおちついたものであるように、そしてできれば大きく快方に向かってくれるように、心から祈らずにいられません。

今回の一件があって、当初、僕は「しばらく、チョコの容体が回復するまで、ブログの更新を休もう。動物写真やブログ作りよりもチョコと一緒にいることを優先させよう」と、思っていました。
しかしまあ、幸いチョコの容体も急速に回復してきたこともあり、考えを変えて、ブログはなるべく今までどおり続け、でもそれと同時に、今まで以上にチョコといる時間を作って、チョコを大切にする、ということに決めました。(原因が分からない以上、いつまた、どんな拍子で急激に症状が悪化するかわかりませんが、常に用心してチョコの様子を見ていたいと思います。)

どうか、これからも、こちらのブログに遊びに来ていただけますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。
(本当に本当に、長文になってしまいました。読んでくださったみなさま、本当にありがとうございました。)
2011-01-09 : チョコ。 : コメント : 16 : トラックバック : 0 :

チョコの注射。H22.10

さかのぼること、まだアフリカに出かける前の8月頃、こんなハガキが届いていました。
IMG_0001222_convert_20101023094656.jpg
アレ…?春先に、チョコって注射打たなかったっけ…?と思っていたら、あれは「狂犬病」の注射でしたー(汗)。
(↑いろんな注射があることを覚えられない、相変わらずのノンビリや(笑)。)

早くチョコを病院に連れて行かなきゃ…と思いつつ、延ばし延ばしにしていて、今月になってようやく行ってきましたー(笑)。
IMG_0103_convert_20101023093150.jpg
相変わらず、元気いっぱい(笑)。あごの下を撫でられると、喜びます(笑)。

チョコ、チュウシャに行くんだよー。
IMG_0120_convert_20101023154642.jpg
イタい目にあうとも知らず、やっぱり元気いっぱい(笑)。

早く出かけようよ~って言っているんですかね(笑)。。
IMG_0131_convert_20101023160204.jpg

病院に着きました。待合室でも、愛きょうを振りまいています(笑)。
IMG_0112_convert_20101023160550.jpg

注射前に、簡単にチョコの身体を診察してもらいます。
IMG_0115_convert_20101023161010.jpg
撮影にあたり、先生の許可をいただいています。

体重も減り(笑)、特に以上なしとのことで、よかった、よかったー。
IMG_0117_convert_20101023161605.jpg
ちょっと不安げ?大丈夫だよー。

ここの先生は、本当に丁寧に、愛情をもって動物に接してくださいます。
注射もサッと手早く。
IMG_0118_convert_20101023162131.jpg
ノンビリした性格のこの子、「アレッ!?今、なんか、あった?」程度のリアクションです(笑)。

帰りの車の中。
IMG_0133_convert_20101023162628.jpg
チョット、疲れちゃったかな(笑)?

帰ってから、水をしっかり飲んでいました。
IMG_0142_convert_20101023162930.jpg
無事に、終わりましたー(笑)。
2010-10-23 : チョコ。 : コメント : 10 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

こうじ  名古屋です

Author:こうじ  名古屋です

ようこそ、お越しくださいました。
どうぞ、ごゆっくりご覧くださいネ。

自信作です。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ(テーマ別)

天気予報(全国)


-天気予報コム- -FC2-

人生が輝く名言集



presented by 地球の名言

Koala's twitter

FC2カウンター

.

.

ひよこ、いっぱい(笑)。

自信作です。

www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。