スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

雄大な自然の国、カナダ。(1)

またまた、「海外旅行シリーズ」ですっ!カナダ編でーすっ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【 告 知 】
当ブログ「ほのぼの、どうぶつたち。」の動物写真から選りすぐりの自信作品を集めた姉妹版ブログ「ほのぼの、どうぶつたち。Hyper!!!」
              (↑この文字をクリックしてくださいね。)
clip_image002_convert_20100214112857[1]
ぜひ、ご覧ください。「ほのぼの、どうぶつたち。Hyper!!!」

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今回は、2004(H16).5月から6月にかけて行った「カナダ」のことを、書きます。

えー、もう昔のことなんで全然忘れていたんですが、日記を読み返してみたら、自分でもビックリするようなことを思い出しまして。。

前々回の海外旅行シリーズで、2003(H15)年の夏に「エジプト」に行ったと、ご紹介いたしました。
前回は、2003(H15)年の年末から2004(H16)の年始にかけて、「中国」に行きました。
で、今回は、2004(H16)年の5月から6月にかけて、「カナダ」に行きまして、
実を言いますと、なんと、この年(2004(H16))年の夏、8月から9月にかけて、僕、「オーストラリア」に行っていたみたいです(爆)。。

どんだけ遊んでるんスか、自分(爆)。
1年間のうちに、4回の海外旅行(笑)。
(えー、多いときは1年間に2回くらいのペースで出かけるので、まあ平成15年から平成16年の2年にかけて4回行った、というわけなんですけどね。。それにしても、よく疲れずに、出かけていたもんです(照笑)。)

「今まで、何回、どれくらいの国に出かけたの?」と、そろそろ聞かれそうですが、はっきりした回数とか国の数は自分でも、わかりません(爆)。ただ、感覚的に、「この海外旅行シリーズでは、まだ半分も行っていないかなぁ」という感じはしています(爆)。。。本当に、ありがたいことです。
よろしかったら、どうぞ、これからもお付き合いくださいませ(笑)。。。
(時折「自分も旅行に行ったような気分になれて、面白い」といったコメントをいただけるのが、本当にうれしくて、ついつい、はりきって書いております。。)


えー、まあ、とにかく早速、カナダ旅行のことをご紹介しますネ(笑)。

まあ例えば、エジプトなら「ピラミッド」、中国・北京なら「万里の長城」と、目玉となるものを一度にドンとご紹介できたんですが、、、
カナダの場合は、雄大な自然の風景が、カナダの国内いたるところにそれぞれの魅力を出していて、とてもとても、1枚の写真だけでその魅力をお伝えすることはできません。

…ので、
「どうしても」といいますか、「例によって」ともいいますか、(笑)写真、情報量が多くなりがちです。なるべく簡潔に行こうと思いますんで、よろしかったら、お付き合いくださいませ。

まずは、こちらっ!
pic+013-2_convert_20100410115846[1]
ハイッ!ご存知、世界3大瀑布(ばくふ)のひとつ、「ナイアガラの滝」でーすっ。

下の写真も、ご覧ください。
pic+014-2_convert_20100410115302[1]
この圧倒的な存在感。迫力。この圧倒的な水の量。
あまりに大きすぎて、近くでは、とても全景を撮ることができません。
作っている最中、これぞ、まさに「動画で載せたら、素晴らしいだろうなぁ」とつくづく思った、絶景です。。。

ちなみに、覚え間違えでなければ、世界3大瀑布の残りの2つは、
・南米のブラジル、アルゼンチン両国の国境にある「イグアスの滝」と、
・アフリカのジンバブエとザンビア両国の国境にある「ビクトリアの滝」だったかと思います。
2つともまだ行っていませんが、これは、是が否でも、生きている間に訪れておきたいです。。。
(ああ。「滝」といえば、南米ベネズエラにある、世界最大の落差を誇る(1km落ち続ける!)エンジェル・フォール。これも、絶対行きたい。)

(ちなみに、3大『幕府』(ばくふ)といえば、鎌倉幕府、室町幕府、江戸幕府の3つとありまして…って、ハイ、こんなボケいりませんでしたね、ゴメンなさい(笑)。)

…と、大きな滝はどうも国境沿いにあるようでして、このナイアガラの滝も、実はカナダとアメリカの国境沿いにあります。下の写真をご覧ください。
pic+001_convert_20100411030901[1]
この写真の、向かって右側の滝がカナダ国内の滝、向かって左側がアメリカ国内の滝です。で、この2つを合わせて全体が、ナイアガラの滝、ということなのです。。(ちなみに最初に載せた写真は、カナダ側の滝です。)
この写真では、チョットわかりにくいかもしれませんが、(ナイアガラ川という)非常に幅の大きな川が途中で2つの滝に分かれて、再び合流しているというわけなのです。。
(↑アメリカとかカナダとかの北米大陸って、とにかく何でもかんでも、本当にスケールがデカイ!という印象がありますね。。。)

なんと、カナダ国内に宿泊していても、歩いてアメリカ側に渡ることができるんですヨ。下の写真をご覧ください。
pic+074_convert_20100410134247[1]
この橋は、アメリカとカナダの間に渡ってかかっている橋で、ナイアガラ川の上を通っています(ナイアガラ川がちょうどアメリカ、カナダ両国の国境となっているわけですネ。。それから、この写真は、アメリカ側からカナダ側に向けて撮っています)。で、ご覧のように徒歩でも車でも行き来することができまして、2つの国の間を行ったり来たりすることができます。島国で、陸の国境がない日本では、徒歩で国境を越えるなんて、決して味わえない体験ですよネ。。あれ、面白かったです。ちゃんと、入国管理事務所みたいなところがあって、パスポートを提出したりとかしなければいけないんですヨ。

橋を歩いていると、途中で、このような看板を見つけました。まさしく、この川が国境となっていることの証のようなものですネ。。
pic+070-2_convert_20100411072513[1]

下の写真は、この橋を、カナダ側からアメリカ側に向けて撮った写真です。(←というように、結構眺望のいい部屋のホテルに泊まれて、良かったです。。)
pic+009_convert_20100410134832[1]2

…というわけで、「ナイアガラの滝の、夜間ライトアップ」が、宿泊している部屋から見えていました。(あまりいい写真はありませんでしたが、)下の写真のような感じでした。。実際に見てみると、なかなかキレイでしたよ。
pic+007-2_convert_20100410141045[1]


「なるべく簡潔に行きます」と言った舌の根も乾かないうちから、「滝」で面白い写真を撮っていたのを見つけたので、スミマセン、もうチョットこの話の続きをします(笑)。
〔この時点で、「これは、また長くなるなぁ」と思って、「このカナダ編を『前編・後編』に分けよう。」と決めました(爆)。どうか、お付き合いいただければ…(汗)。〕

実はこの滝、いろいろな楽しみ方があります。下の写真のように、そのまま展望台から見ることも、もちろんできるのですが、、、
pic+017_convert_20100411024631[1]

お分かりいただけますでしょうか。船に乗って、滝つぼのすぐ近くあたりまで、行くこともできるんですー。船の名前は「霧の乙女号」だそうです。
pic+048-2_convert_20100411030113[1]

このように、アメリカ側の滝の前あたりに船の乗り場があります。(でも乗り場は、カナダ国内にあるわけです。川が国境となっているから見られる、珍しい風景ですネ。。)
pic+031_convert_20100411034338[1]

下の写真、チョットわかりにくくてスミマセンが、船の乗り場で撮ったものです。写真の真ん中あたりで青く横に連なって見えるもの、これ、全部、人の頭なんです~。この船から支給される(水よけの)カッパの色なんですネ。。
pic+018_convert_20100411030629[1]

これは、次の船を待つ人たちがスロープの上で並んで待っている様子です。これをご覧いただくと、イメージしやすくなるでしょうか。。
pic+019_convert_20100411031112[1]

いざっ、滝へ向かって行かん~~。
(よーく見ると、カモメか何か、水鳥がこのあたりをいっぱい飛んでいるのをご覧いただけますでしょうか。これ、この写真の汚れではありません(爆)。)
pic+034_convert_20100411031632[1]

水しぶきの勢いがすごくて、圧倒されます~~~~~。
pic+029_convert_20100411032046[1]
(実際にはこれ以上に、滝のほうに向かって船が進みますが、もう水でカメラが壊れるのではないかと心配で、これ以上は、カメラを出してはおれませんでした~~。とにかくものすごい水の勢いで、冗談抜きで、息もできなくなるほどなのです。。
pic+024_convert_20100411033020[1]

pic+020-2_convert_20100411033912[1]

この下の写真の滝の形から察するに、船はアメリカ側の滝に寄った後、カナダ側の滝にも行ったみたいですね。。。
pic+036_convert_20100411035146[1]

船から下りた後、滝をバックに、ハイ、チーズ。奥さんも僕も、もう全身、「服も」ビショビショ(カッパを着ていても、です(爆))、髪もボサボサですー。
pic+039-2_convert_20100411035633[1]

もういっちょ、滝の話。
下の写真の「アメリカ滝」の滝つぼすぐ近くまで、徒歩で行く「風の洞窟ツアー」です。
pic+043_convert_20100411102816[1]

この写真は、「風の洞窟ツアー」とは直接関係なく誰でも見られるところから、滝を真横から見たところです。
pic+050_convert_20100411103229[1]
あまりの迫力に、「本当に」圧倒されます。これ、ほんの10メートル程度、前のほうに進んだら、もうひとたまりもないだろうなぁ、みたいな…(笑)。アハハ、縁起でもないか。

ハイ。ここからが、「風の洞窟ツアー」です。(つまり、この場所に来るのには有料、お金がかかるのです。。。)pic+066_convert_20100411103557[1]
ご覧のとおりですっ(笑)!滝つぼすぐ近くに立てられた展望台に、徒歩で行くのです。滝のてっぺんからこの滝つぼまで降りていくには、ちゃんとエレベーターがあって、それにはお金を払わないと乗れないということです。値段は忘れてしまいましたが、そう「高い」というイメージはありませんでした。。)

やはり、こういう黄色いポンチョと言うんですか、カッパが支給されるんです。
pic+051_convert_20100411103749[1]

さあ、奥さんも僕も、戦闘体勢に入りましたっ(笑)。
pic+063-2_convert_20100411104017[1]

えー、…、

滝つぼ付近の写真は、とても撮れませんでした(爆)。
代わりに、当時書いていた日記をここに掲載します。
「風の洞窟ツアーの入り口までなかなかたどり着けず、何度も人に道を聞いて、徒歩でやっと到着。
順番待ちの列で目の前で小学生が遊びに来ていてなかなか順番が回ってこなかった。
やっと順番がまわってきてエレベーターで滝壺付近まで下る。木でできた渡り道や階段を歩き、滝のすぐ表面近くまで行く。
まるで台風の日に外を歩いているような、ものすごい暴風雨。まっすぐ立っていられないほど。」ということだそうです(笑)。

滝つぼから戻ってきて、ハイ、チーズ。顔を隠してありますが、明らかに、二人とも疲れています(爆)。
pic+069-2_convert_20100411104403[1]

このツアーの間、滝の横の岩場に、こんな水鳥を見つけていました。なんていう名前なんでしょうねぇ。この子たちが、さっきの船とか滝のあたりをたくさん飛び回っているのです。。。
pic+058_convert_20100411104523[1]

こんなに、たくさん…。(ビックリさせて、ゴメンなさい。)でも、本当、ハンパない数でした。きっと、この子たちの生息に適した環境なんでしょうねぇ。
pic+059_convert_20100411104651[1]

いったん、カナダ編・前編、終了します。
後半も、お楽しみに~~(笑)。(こちら←から、どうぞ。)


これまでの「海外旅行シリーズ」は、以下のとおりです。
エジプト旅行(2003(H15).8~9月)の記事は、こちら←をどうぞ。
中国・北京旅行(2003(H15).12~2004(H16).1月)の記事は、こちら←をどうぞ。
スイス旅行(2008(H20).8月)の記事は、こちら←をどうぞ。
イタリア旅行(2009(H21).8月)の記事は、こちら←をどうぞ。
韓国・済州島旅行(2009(H21).12月)の記事は、こちら←をどうぞ。

2010-04-11 : 海外旅行、あれこれ。(海外旅行シリーズ) : コメント : 13 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

みなさん、いつも本当にありがとうございます。。
・松風 さま、こんにちはー。

 >いつかは行って見てみたいと思っているのが、
 >ニュージーランドで見られる満天の星とこのナイヤガラの滝ですよ。
 >てかめっちゃ迫力ありますね!
 >ディスプレイ越しに滝のしぶきが飛んでくるかのような。
 >ライン下りなんて、屁でもないですね。
 >写真撮るのも命がけというのが、伝わってきます。
 ありがとうございまーすっ!楽しかったですヨ、この滝。
 あのーー、、、
 実は、そのうち「ニュージーランド編」もやろうと思っているのですが(爆)、今まさに、この「満天の星」を見ていたことを思い出しました。。。(ゴメンなさいネ。。)

 >しかしこうじさん、旅行好きやな~☆
 >私なんて計画立てる段階で疲れちゃいますよ。
 >だから行った気分にさせてくれるこうじさんの記事、
 >ほんと楽しみです。ではまた後編で!
 アハハッ。ありがとうございます。
 まあ、これは、人の好き好きですもんねぇ。。
 僕は、計画立ててるときが最高に楽しいタイプで(笑)。。。
 これからも、よろしくお願いしまーす。


・yasu さま、こんにちわんこです~。

 >ナイアガラの滝は、迫力満点ですねぇー☆
 >ですが、よくここまで画像を捉えられたと!関心してしまいます!
 >きっと、凄い風圧だったでしょうし、水しぶきも想像を絶する中での撮影~
 >こうじさんのど根性を感じる瞬間と申しましょうかぁ~(笑)
 >いやぁ~素晴らしいです!
 エヘヘ。ありがとうございます。
 滝とかきれいな山とか見ると、その絶景に圧倒されて、何かにとらわれたかのように夢中になってシャッター押しまくるときってありませんか…?
 今、保存されている写真のデータの数を見て思い出してみると、まさにそんな気分で夢中になって写真を撮っていたような気がします。。。

 >川が国境になってるなんて凄いですねっ!
 >橋を越えるのに、パスポートも必要なんですねぇ~(笑)
 >(徒歩なのに…^m^)
 これ、本当に貴重な体験でした。このとき、すっごい楽しんでましたね(笑)。。

 >風の洞窟ツアーは、まさに「戦闘体勢」この言葉に着きますね(爆)
 >暴風(雨)の中は、本当にお疲れだったと思いますが、経験出来た事に感謝ですねぇ~♪
 >なかなか、こんな体験出来ませんものぉ~~~
 >後編も楽しみにしてますぅ~(^,^*)w
 本当に、こうやって元気に旅行にいけていることは感謝しなければいけないと思います。。
 ありがとうございますっ。ぜひ、ご覧くださいねっ。


・アモーレ国の住人 さま、こんにちはっ。

 >ナイアガラの滝やっぱり写真で見ても迫力ですね!!
 >カナダ行ったことはあるのですが、
 >バンクーバー近郊しか周ってないので、
 >今度はぜひ見に行きたい!!!!
 おお。後編で、バンクーバーやカナディアンロッキーを出すつもりでいたのです。。
 それにしても、さすが住人さん、本当に、いろいろなところに旅行されてますね。。

 >それにしても、カナダ側とアメリカ側で
 >ナイアガラの滝が2つあるなんて知らなかった・・・・
 僕も、最初に知ったときは、ビックリでした。。
 あの迫力、なかなかのものでしたよ。。
2010-04-17 18:46 : こうじ URL : 編集
ナイアガラの滝やっぱり写真で見ても迫力ですね!!
カナダ行ったことはあるのですが、
バンクーバー近郊しか周ってないので、
今度はぜひ見に行きたい!!!!
それにしても、カナダ側とアメリカ側で
ナイアガラの滝が2つあるなんて知らなかった・・・・
2010-04-16 05:01 : アモーレ国の住人 URL : 編集
脅威の!!
こうじさん、こんばんわんこ~☆

ナイアガラの滝は、迫力満点ですねぇー☆
ですが、よくここまで画像を捉えられたと!関心してしまいます!
きっと、凄い風圧だったでしょうし、水しぶきも想像を絶する中での撮影~
こうじさんのど根性を感じる瞬間と申しましょうかぁ~(笑)
いやぁ~素晴らしいです!

川が国境になってるなんて凄いですねっ!
橋を越えるのに、パスポートも必要なんですねぇ~(笑)
(徒歩なのに…^m^)

風の洞窟ツアーは、まさに「戦闘体勢」この言葉に着きますね(爆)
暴風(雨)の中は、本当にお疲れだったと思いますが、経験出来た事に感謝ですねぇ~♪
なかなか、こんな体験出来ませんものぉ~~~
後編も楽しみにしてますぅ~(^,^*)w

2010-04-16 00:50 : yasu URL : 編集
いつかは行って見てみたいと思っているのが、
ニュージーランドで見られる満天の星とこのナイヤガラの滝ですよ。
てかめっちゃ迫力ありますね!
ディスプレイ越しに滝のしぶきが飛んでくるかのような。
ライン下りなんて、屁でもないですね。
写真撮るのも命がけというのが、伝わってきます。

しかしこうじさん、旅行好きやな~☆
私なんて計画立てる段階で疲れちゃいますよ。
だから行った気分にさせてくれるこうじさんの記事、
ほんと楽しみです。ではまた後編で!
2010-04-15 21:55 : 松風 URL : 編集
くりひなママ さま、いつもありがとうございます。

>ナイアガラ、さすがにスケールが違いますね。
>実際に行ったら圧倒されちゃうんだろうなぁ。
>滝のお写真を見た瞬間に
>「カメラ壊れる!」って思った私…(笑)
>行く時は完全防水仕様のカメラが必要みたいですね(笑)
いやぁ、ホントそうですネ。。
中には、プロとかセミプロとかの方で、あの水鳥の飛んでいる様子を、滝をバックに写真に撮りに行く方もみえるかもしれないなぁ、、と想像してみたり。
とすれば、まさに完全防水仕様で、相当な準備と、相当な腕が必要なんでしょうねぇ。。(絶対、自分にはムリ(笑)。)

>続きもたのしみにしてます♪
ありがとうございますっ。がんばりまーすっ!
2010-04-15 20:37 : こうじ URL : 編集
ナイアガラ、さすがにスケールが違いますね。
実際に行ったら圧倒されちゃうんだろうなぁ。
滝のお写真を見た瞬間に
「カメラ壊れる!」って思った私…(笑)
行く時は完全防水仕様のカメラが必要みたいですね(笑)

続きもたのしみにしてます♪
2010-04-14 08:53 : くりひなママ URL : 編集
びびきち さま、いつも本当にありがとうございます。
4ワンちゃんたちのお写真に、本当にいつも癒されています。。

>ホント素敵な趣味ですね~憧れるものがありますー
どうも、ありがとうございます。。
これだけ旅行に行けるのも、奥さんも自分も健康で、それほど経済的に不自由はしてなくて、それほど家庭の仲が悪いというわけでもなく(爆)、後、なによりも、それぞれの職場の方の理解がないと、できないことだと思うんですよね。。
本当に、ありがたいことです。。

>ナイアガラの滝に三大幕府がチョットツボにはまっちゃいまして。。。^m^
このコメントをいただけたとき、「ヨッシャあ!」とガッツポーズを作っている自分、相当な、おバカ人間でして(笑)。。。

>すごいですねー
>カッパの意味がないなんて
>船もケッコウな近くまで行ちゃうんですね
>写真見ててチョットこわっとも思っちゃいました。。。(^^;
>歩いて滝壺の近くまで行けるのもすごい
>何もかもがすごい
写真を見ているうちに当時のことをだんだん思い出してきてましたが、「アメリカ滝の激流を真横から見たときに、確かに『怖い』と感じた」ことを思い出ました。。
確かに、すごい、ですね。。

>後編も楽しみ~♪
ありがとうございますっ。ご期待くださいねっ。
2010-04-13 21:52 : こうじ URL : 編集
こんばんは
今回はカナダ編ですかー
中国編のコメ返でまだ半分以下って書いてありましたけど
はっきりした数や国がわからないって
それ程たくさん行ってらっしゃるんですね
ホント素敵な趣味ですね~憧れるものがありますー

ナイアガラの滝に三大幕府がチョットツボにはまっちゃいまして。。。^m^
すごいですねー
カッパの意味がないなんて
船もケッコウな近くまで行ちゃうんですね
写真見ててチョットこわっとも思っちゃいました。。。(^^;
歩いて滝壺の近くまで行けるのもすごい
何もかもがすごい
後編も楽しみ~♪
2010-04-12 22:04 : びびきち URL : 編集
モモちゃん、いつも、ありがとネ~~。

>モモですニャ。
>す・す・すごいでんニャ~。これが滝ってもんですかぁ。オイラが毎日眺めている墨田区の街並みには全くない光景にビックリ!しましたのニャ。
アハハッ(笑)!ごめんね、笑っちゃって。
(イヤ、決して墨田区さんのことをどうこう言っているつもりはないんだけど、)なんか、「墨田区の街並みには全くない光景にビックリ!しましたのニャ。」が、なーんか、可愛くてつい笑っちゃいましたっ。

>それにしても、こうじさんは写真が上手だから、こういう旅行記みたいなブログは良いですニャ~。
エヘヘ。そうですか?ありがとうございます。

>ところで、ポストカード受け取ってもらってうれぴいニャ~。パパの安カメラで下手が撮ったんだからカッチョわるいけどニャ。
いいーえー。
モモちゃんのフワッフワッしてそうな感じと可愛い眉毛を、間近で見られているような感じがして、とっても喜んでます~~。
2010-04-12 20:59 : こうじ URL : 編集
モモですニャ。
す・す・すごいでんニャ~。これが滝ってもんですかぁ。オイラが毎日眺めている墨田区の街並みには全くない光景にビックリ!しましたのニャ。
それにしても、こうじさんは写真が上手だから、こういう旅行記みたいなブログは良いですニャ~。
ところで、ポストカード受け取ってもらってうれぴいニャ~。パパの安カメラで下手が撮ったんだからカッチョわるいけどニャ。
2010-04-11 22:53 : モモ URL : 編集
みなさま、いつも、本当にありがとうございます。
・miyu。 さま、いつもありがとうございます。
 息子様の新生活が、無事に、実り多きものとなりますように。。

 >わぁ~~~~(≧∇≦)
 >すごい!!!!!
 >迫力満点のお写真に、なんだかその場にいるような感覚で
 >息をのんでしまいました~!
 ありがとうございますっ。
 正直、当時のことは半分忘れていたんですが、写真を見て日記を読み返しているうちに、だんだん思い出せてきました(笑)。

 >世界各地を旅行されて、本当に羨ましい限りです♪
 >素敵な趣味ですね。
 >続きも楽しみにしていまーす(^▽^)/
 いつも、シリーズもののときに、このようなコメントいただけて、うれしい限りです。。
 旅行がホント好きでして、こうやって行かせていただけるのは、とてもありがたいことです。。
 ありがとうございます。


・あ~しゃ さま、いつもありがとうございます。
 >すごいですね~!
 >迫力満点のナイアガラの滝。
 >有名なので漠然と映像や写真で見ていましたけど、
 >実際に行った方のリポートは臨場感ありますね~^-^
 ホント、正直半分忘れていたんですけど、写真や日記を見ると、当時のことが意外と思い出せるもんですねぇ(笑)。。。

 >やっぱりかっぱ着てずぶぬれになっているお写真を拝見すると、
 >すごいんだな~って。
 >私も行ってみたいものです。
 やっぱり、当たり前ですけど、夏がお勧めなんでしょうねぇ(笑)。
 (あの、ゴメンなさい。実は、真面目な話、日記を読み返していたら、この近辺が冬になると、マイナス30度くらいになるらしくて(笑)。。 )
2010-04-11 22:15 : こうじ URL : 編集
すごいですね~!
迫力満点のナイアガラの滝。
有名なので漠然と映像や写真で見ていましたけど、
実際に行った方のリポートは臨場感ありますね~^-^
やっぱりかっぱ着てずぶぬれになっているお写真を拝見すると、
すごいんだな~って。
私も行ってみたいものです。
2010-04-11 21:18 : あ~しゃ URL : 編集
わぁ~~~~(≧∇≦)
すごい!!!!!
迫力満点のお写真に、なんだかその場にいるような感覚で
息をのんでしまいました~!
地上から、船から、展望台からと、いろんな角度でナイアガラの滝を
楽しめるのですね~。
それにしてもカッパの機能を果たさないくらいびしょぬれになってしまうのですね。
世界各地を旅行されて、本当に羨ましい限りです♪
素敵な趣味ですね。
続きも楽しみにしていまーす(^▽^)/
2010-04-11 18:20 : miyu。 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

こうじ  名古屋です

Author:こうじ  名古屋です

ようこそ、お越しくださいました。
どうぞ、ごゆっくりご覧くださいネ。

自信作です。

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

カテゴリ(テーマ別)

天気予報(全国)


-天気予報コム- -FC2-

人生が輝く名言集



presented by 地球の名言

Koala's twitter

FC2カウンター

.

.

ひよこ、いっぱい(笑)。

自信作です。

www.flickr.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。